gritについて

ごあいさつ

grit店舗

はじめまして、このページをご覧いただきありがとうございます。grit(グリット)と申します。

私たちは、神奈川県小田原市にあるポンデケージョシフォンケーキのテイクアウト専門店です。

ポンデケージョとシフォンケーキ以外にも、トマトソースシュークリームラスク不定期でお野菜や黒米無添加のプリンなどを、ラインナップは多くありませんが、素材や仕上がりにちょっとだけこだわりを持って作っています。

さて、今回このようなHPを新たに設けたのは“ちょっとだけこだわりを持って”という部分を皆さんにご説明できればと思ったからです。

お店に来ていただくと分かるんですが、gritのポンデケージョやシフォンケーキには味にバリエーションがあります。

普通なら、ベースとなる生地に、違う素材を1つ2つ加えてバリエーションを出すのでしょうが、実はgritでは、味わいを変えるごとに、素材を変えるごとに、小麦粉の種類を変えたり、ミルクを使用するところを取り寄せた「わき水」にしてみたり、お砂糖の種類を変えたり、と、使用する素材をそれぞれ変えているんです(ちょっとじゃないかもしれませんね 笑)。

例えば、チーズとカボチャであれば素材の特徴が大きく異なりますよね。そのため、チーズ味とカボチャ味をラインナップに加えるならば、それぞれに合った素材の配合にしなければいけません。

これは、私たちにとっては普通のことなんですが…、実を言えば、そうしているお店というのは、多くありません。

そういったgritの商品についてを、1つずつ店頭でご説明できればいいのですが、そもそもの作り方を変えているところを話すとちょっとお時間が…。そこで、このHPでgritの商品はなにが他のものとちがうのか、皆さんに少しだけ説明できればと思っています。

私たちのことだけではなく、素材のこと、食事のこと、飲食店とは切っても切れない関係である日本の農業のこと、いろいろなコンテンツを更新していくので、是非ご覧くださいね。

gritより

gritって、こんな風にできました

さっそく、まずは私たちの紹介を。

gritは、ポンデケージョ専門店としてスタートしました。

ポンデケージョとは、ブラジルで朝食に食べられることの多い、発酵させないパンの仲間。

全国でも、専門店としてオープンしている、もしくは取り扱っているお店自体が少ないものです。

なぜそんなニッチなパンを…、と思われるかもしれません。

始まりは、テレビで見かけたということでした。

ポンデケージョ

出演者の1人が「うめえな! これ、焼酎にも合うな!」と言いながら食べている姿を見て、作ってみようかな、というところが最初。ちょっと単純な理由ですかね(汗)。

次の日に試しに焼いてみると、とてもおいしくて。そうそう、そのときは、タピオカ粉ではなく、白玉粉を使用して焼いたんです。今となっては懐かしい思い出ですね。

とにもかくにも、独特の食感や味わい、製造工程にビビッときました。そこで「ポンデケージョを作るお店を作ろう!」と思い至った訳です。

そうして「ポンデケージョ専門店 イトウ」としてお店をスタートさせました。

そもそも“ポンデケージョ”とはポルトガル語で“チーズパン”という意味。なので、本場ブラジルにはチーズ味のものしかありません。

しかし、シェフやお店のメンバーで「こんな素材が合うかも」「こうしたらおもしろい味わいになる」とバラエティ豊かなラインナップをいくつも試し、豊富なバリエーションを構築します。

そのため、ある意味、ブラジルを無視した独自の発酵しないパンのお店を作ったと言えるかもしれません(笑)。

さて、そこから時は流れ、現在のシェフが「イトウ」のオーナーを引き継ぐことになり、シフォンケーキとポンデケージョなどを取り扱う現在のお店“grit”として再スタートを切ります。

そのときに、gritをただポンデケージョを作るお店ではなく、私たちのアトリエ、と呼べる空間へ変えました。

もちろん、ポンデケージョとシフォンケーキを扱うお店、という軸は変わりませんが、シフォンケーキとポンデケージョ以外のお料理を発表してみたり、毎日のように味のバリエーションを変えてみたり取り扱う商品を増やしてみたり削ってみたり、大きなところでは、店内の内装が毎月のように変わったり

有機栽培の野菜などを取り扱ったりしています。

ずーっとおんなじ、というのは面白くないのでは、と思うんです。

食べ物は、日々新しい発表のされる分野です。

新しい、小麦アレルギーの人でも食べられる小麦粉が公表されれば、それを使って普通の小麦を使ったシフォンケーキと同じようなあじわいを出せないか研究してみたり、どこかでおもしろい栽培方法を試しているお野菜があればそれをお店で紹介してみたり、あ、これもっとおいしいアレンジできると思えばラインナップを増やしてみたり

お客さんが来るたびに新しい発見や驚きがあるようなものを提供したい。そして、できれば大量生産の野菜やパン、ケーキなどとは違う、本当においしいものを紹介したい知って欲しい。

そんな思いを持って運営しています。

そのために、毎日実験のように新しい素材や調合を試してみたり、はたまた店内レイアウトを変えてみたり、来るたびに違うというのを楽しんでもらえるようにいろいろと考えています。

そんなことをしているので、なかなかお休みがとれません(笑)。それでも、食べ物、という人間にとってなくてはならないものを取り扱うお店として、もっといいものをもっと新しい発見をもっと体にやさしいものを、これがgritというアトリエの鉄則です。

どうぞ、HPから、店頭で、今gritがどんなことをしているか、のぞいてみてください。

もちろん、気になる物は是非、食べてみたり、手にとってみてください。

毎日に、新しい驚きと発見を。ご来店、お待ちしております!